ランキングが上位の化粧水の成分について

subpage1

ランキングに関係なく、化粧水によく使われている成分は、グリセリンです。

化粧水のランキング情報を、皆様へ配信するサイトです。

グリセリンは保湿効果があり、低温でも固まりにくい働きがあるので、他の成分と混ぜやすい成分だといえます。
また、BGも保湿効果があり、比較的安全だと考えられており、抗菌作用もあるので、BGを化粧水に加えることによって、防腐剤を少なくすることができます。



化粧水ランキングで上位にくる化粧水には、ヒアルロン酸などの高保湿成分が配合されています。



ヒアルロン酸は、肌の表面だけでなく、角質層にも水分を抱え込んで保湿してくれる成分なので、長時間保湿してくれます。この他にも、低分子コラーゲンは、普通の浸透しにくいコラーゲンに比べて分子量が小さいので、皮膚の角質層まで浸透できると言われています。
今現在、ランキングで上位にくる化粧水にはプラセンタが配合されているものが多いです。プラセンタとは胎盤のことで、豚や羊、馬などのプラセンタが代表的です。

プラセンタにはタンパク質やアミノ酸、ビタミンやミネラル、酵素などが含まれています。このように様々な栄養がプラセンタに含まれていることから、肌の潤いや保湿はもちろん、毛穴ケアやエイジングケア、ニキビケアや肌代謝の促進、美白対策にも期待できます。


ただし、プラセンタの抽出方法や製造過程、有効成分の量などによって効果も違ってくるので、購入する前にメーカーのホームページなどで事前に調べてから購入することが大切です。